箱があればお店の袋は不要か?

並行輸入品を家電量販店等で買ったとき

高級ブランドメーカーは、常に新しいデザインや機能性を高めたものを世に送り出してくれます。ですから新商品などが売り出されれば多くの人が購入します。ブランドもの好きな人であればその流れに乗って出たばかりの商品を購入するかもしれません。この時できるだけ安く買いたいのであれば、家電量販店など並行輸入品を扱う店がお得です。ブランド品なので激安にはならないですが、正規代理店などから購入するよりも安くなります。では安く購入したブランド品を買取してもらうときに何を持って行くと良いかです。本体と本体が入っていた箱、そして保証書や付属品などがあればいいでしょう。家電量販店の袋に入れてもらえるでしょうが、その袋を持って行っても特に査定に変化はありません。

正規代理店なら買ったときの状態のまま持って行く

日本は経済大国です。世界のメーカーが日本市場で販売したいと考えています。高級ブランドメーカーも多くが日本に進出をしていて、日本で会社を設立しているところもあります。会社はなくても日本の販売代理店と取引をしているところがあり、それらの店ではメーカーの指示に従って販売をしています。メーカーが現地で販売しているのと同じように販売をしてくれるので、故障をしたときなどもきちんと対応してもらえます。ブランド品を買取してもらうとき、それを購入したのが正規代理店であるならできるだけ買ったときと同じ状態にして持ち込むと良いでしょう。買うときは本体を箱に入れ、さらに袋に入れて渡してくれるでしょう。この時の袋はメーカーの袋になり、袋だけでも一定の価値を持っています。袋なしに比べると査定額で数千円変わるときもあります。邪魔になるかもしれませんが、袋はきちんと残しておきましょう。

ロレックス買取は、買取実績が豊富且つ信頼のおける業者に依頼するのがおすすめであり、安心して査定をお願いする事が出来ます。